Video Poster Image

BlackBerry IVY

BlackBerry IVY® は、自動車メーカーやそのパートナーが車両データをマネタイズしたり、より効率的に革新をもたらしたりすることを可能にする車載ソフトウェアプラットフォームです。BlackBerry IVY ソフトウェアは、シグナルを抽出し、エッジでの処理や車両データへのクラウドアクセスを可能にします。自動車メーカーやソフトウェア開発者は、データ接続の低減、開発時間の短縮、車載機械学習(ML)により最適化されたデータ処理からの恩恵を受けることができます。

自動車ソフトウェア開発を効率化

BlackBerry IVY は、車両上のすべてのシステムから集めたデータを標準化し、車両エッジでの機械学習処理を可能にします。これにより、データドリブンな新しいサービスを創出し、運用コストの削減や新しいビジネス及びドライバーバリューを生み出します。

エッジの活用

エッジでのデータ処理では、車両内での処理及びクラウド計算を最適化するための機械学習モデルを車両上で実行することができます。

システム全体に渡る標準化

車両システム全体に渡って標準化された信号は、統合を容易にし、開発時間を低減する助けとなります。車両から送信されるデータ量を低減するため、データコストを削減することができます。

独自の技術とデータを所有

自動車メーカーは、技術スタックに対するコントロールを維持し、車両データ、プロビジョニング、ポリシー、許可に関する完全なコントロールを保持します。
decorative decorative

データをエッジで処理(車載)

車両上でのデータ処理は、増加するデータ送信量やストレージコストというOEMが抱える問題に対応しています。BlackBerry IVY は、BlackBerry IVY統合センサー(機械学習モデルを実行する能力を搭載)と車両サービスを通したエッジ処理機能を提供しており、車両だけでなくクラウド内にあるアプリやサービスのデータ及びインサイトへのより高速かつシンプルなアクセスを実現することができます。これは、サービスやデータ管理、運用効率改善のためにエッジ処理を活用しても遅延が発生しないことを意味しています。
decorative decorative

データ中心の車載グレードのミドルウェア抽象化

BlackBerry IVYは、基本となる車両ハードウェア、ソフトウェアインターフェース、複雑なセンサー網を抽出して車両センサーデータへのアクセスを標準化された形(COVESA VSSに適合した形で正規化)でより高速かつシンプルなものとすることで、OEM車両モデル全体に渡って開発及び事後サービスを容易にします。開発者(OEM及びサードパーティエコシステムの両者)は、車両の複雑性を懸念することなく容易に車両データやインサイトにアクセスできるようになるため、実現すべきユースケースに関するソリューションの開発に集中することができます。
decorative decorative

使いやすいAPI、SDK、ツール

BlackBerry IVYは、SDK、ツール、API、サンプル、テンプレート、ドキュメンテーションの一式をセットで提供しますので、開発者は使い慣れた再利用可能かつ標準化された方法で簡単に車両データを利用することができるようになります。BlackBerry IVYには、パートナーのエコシステムとそのソリューションセットが付属されていますので、OEMが顧客に提供できる最先端のサービスの利用が可能です。BlackBerry IVYは、可能な限りオープンであるように設計されています。各OEMがオープンアクセスのレベルを選択し、変革的な自動車エコシステムの発展をサポートしています。
decorative decorative

クラウドで実現する直感的な運用ワークフロー

BlackBerry IVYは、自動車メーカーとそのパートナーが、機械学習コードの導入と更新、データアクセス権の設定、車載ソフトウェアのモニタリングなどを、同一の直感的なインターフェースを使用して行うためのクラウドコンソールです。
decorative decorative

サードパーティソリューションの統合を簡素化

BlackBerry IVYは、自動車の専門家でないサードパーティのソリューションプロバイダーでも車両統合とオンボーディングを円滑に行えるようにします。BlackBerry IVYは、基盤となる自動車システムをソフトウェアで抽象化し、直感的なSDKとAPI開発ツールを提供することで、自動車に新しいアプリケーションを車両に導入するために必要な時間、リソース、および設計作業を大幅に軽減します。
BlackBerry IVY イノベーションファンド

BlackBerry IVY イノベーションファンド

BlackBerry IVY™イノベーションファンドがデータ駆動の移動やスマートモビリティ組織を経済的な投資でサポートします。BlackBerry IVYプラットフォームやBlackBerryの自動車、サイバーセキュリティの専門家へのアクセスを提供することでその成長を加速させます。

BlackBerry IVYパートナー

BlackBerry IVYについてよくある質問

IVYとは?

BlackBerry IVYは、クラウドで接続された車載ソフトウェアプラットフォームで、自動車メーカーが安全に車両センサーデータにアクセスし、車両上でデータを処理することができます(機械学習モデルを含む)。これにより、一貫性があり、シンプル、かつ安全性に準拠した車載APIメカニズムを通してソフトウェア開発者と新しく、豊富なデータインサイトを共有することができるようになります。

BlackBerry IVYの開発者は誰?

BlackBerry IVYは、BlackBerry QNXとAmazon AWSによる共同開発です。

BlackBerry QNXとは?

BlackBerry QNXは、世界で最もクリティカルな組み込みシステムに関する運用システム、ハイパーバイザー、ツール、サポート、そしてサービスを提供しています。BlackBerry QNXは、自動車業界における安全認証された組み込みソフトウェアのマーケットリーダーです。BlackBerry® QNX®のソフトウェアは、自動車メーカーとティア1(Aptiv、 BMW、 Bosch、Ford、GM、Honda、Mercedes-Benz、Toyota、及びVolkswagenなど)に、幅広い分野の重要システムでBlackBerry® QNX®のソフトウェアを幅広い分野の重要システムで使用されています。BlackBerry QNXソフトウェアは、2億1,500万台以上の車両に組み込まれています。

ソフトウェアセンサーとは?

BlackBerry IVYは、BlackBerry QNXとAmazon AWSによる共同開発です。

BlackBerry IVYは、車載センサーの信号を標準化して車両上のデータを処理することでソフトウェアセンサーを作り出しています。ソフトウェアセンサーを使用することで、発生している事象に関する有意義な情報に開発者が簡単にアクセスできるようになります。例えば、IVYはシートセンサー、ドアロック、シートベルト、車内カメラからのデータを取得し、そのデータを後部座席の占有率というソフトウェアセンサーへと処理します。開発者は、ソフトウェアセンサーの値を読み取るコードを使用することで、車両に搭載された個々のハードウェアセンサーにアクセスすることなく後部座席の利用状況に関する有意義な特性(占有、非占有、子供が占有しているかどうか等)を理解することができるようになります。

ソフトウェアセンサーが自動車メーカーに与えるものは?

ソフトウェアセンサーは、生のセンサーデータを取得し、車両上でソフトウェアセンサーの出力を作成することができます。ソフトウェアセンサーの出力を作成できる機能により、車両メーカーは生データやセンサー自体へのアクセスを提供することなく、新しいサービスや経験を作り出すための車両情報を共有することができるようになります。