トップナビゲーションをスキップ

BlackBerry AtHoc の機能

デモをリクエスト

プロテクション向けのプラットフォーム

BlackBerry® AtHoc の統合されたアプリケーションのスイートが緊急通信システムの基準を確立します。

従業員の安全をリアルタイムに可視化:AtHoc Account

BlackBerry AtHoc は従業員と組織の安全性を説明するプロセスを自動化し、重大なイベントが発生した際にはリアルタイムの可視化を可能にするため、リーダーは効果的に対処するために必要な情報を取得することができます。

  • 特定のグループまたは従業員全体の状態をリクエストできます。
  • 各アラート受信者の詳細なレポートを入手することができます。
  • 一目でわかるダッシュボードにアクセスでき、状況を認識することができます。
  • 個人、コールセンターおよび代理で応答している従業員を含めた複数のソースからの詳細情報を集約します。

ベストプラクティスに基づいたメッセージング機能を使用することで、緊急時の混乱、曖昧さ、および手動によるプロセスを回避します。メッセージと回答は事前に設定されているため、上司と部下は迅速に対応して具体的な目的を認識することができます。この集中アウトリーチレスポンスモデルは、組織全体で一貫性のあるデータを生成します。

説明責任リクエストが認識されない場合、または割り当てられたタスクを受信者が実行できないことを示した場合は、AtHoc が自動的に次に対応可能なリソースに連絡、または管理者権限を委譲します。リカバリリソースを効率的に割り当てることで、ダウンタイムと応答時間が短縮されます。

説明責任および対応は、本部が警告を受けるまでリソースを差し控えられることなく、緊急事態が発生した場所から開始できるようにします。個々のイベントの範囲が明らかになるにつれて、必要に応じて上層部にエスカレーションします。リアルタイムの安全ステータスによって、リーダーはさらに効果的に対応することができます。

説明責任に関する自動化プロセス シンプルで、安全に保護されたメッセージ 自動エスカレーションおよび継続性 トップダウン、ボトムアップの双方向コミュニケーション

ネットワーク大量通知:AtHoc Alert

複数のチャネルと配信デバイス全体で一貫したメッセージを迅速に伝達し(デバイスごとにカスタマイズ可能なメッセージング)、IP ネットワークを使用して、すべて統合されています。情報は、以下のような複数の冗長化された方法を使用して送信されます。

  • ネットワークコンピュータ
  • ネットワーク IP 電話ディスプレイ
  • テレフォニー
  • テキストメッセージ
  • モバイルデバイス
  • 電子メール
  • ソーシャルネットワーク
  • インドアおよびアウトドアスピーカー
  • ケーブル TV およびディスプレイボード
  • 無線ブロードキャスト
  • 陸上移動無線機器(LMR)
  • XML フィード

SMTP 配信インフラストラクチャと AtHoc の統合によって、顧客の PKI デジタル署名付き電子メール対応の組織の電子メールアドレス(.com、.mil、.gov など)を使用して直接電子メールを送信することができます。HTML、ビデオ、避難経路、リンクなどのリッチコンテンツも電子メール通知に埋め込むことができます。

AtHoc は、組織構造、配布リスト、物理的な場所、個人名、または動的データベースクエリに基づいて対象者を設定することができます。個人用および大量通知デバイス(サイレンやデジタルディスプレイボードなど)は、地理的なビジュアルマップを使用して対象を設定することができ、オペレータは通知を受ける建物、地域、または区域を選択できます。

事前設定されたテンプレートとカスタマイズされたフォームフィールドでコミュニケーションを迅速化します。 AtHoc は、気象警報条件や物理的なセキュリティイベントを含むアラートテンプレートのライブラリを提供することによって、緊急事態に備えて操作手順を自動化します。

緊急時には、アラート受信者は自身の状況確認をネットワークチャネル上で報告するために、複数の応答オプションを受信します。アラートはリアルタイムで追跡され、各アラート受信者の詳細な配信レポートをオペレータに提供します。

緊急警報は、物理的センサー(火災警報、ビデオ監視および化学物質検出器など)、または外部データソース(国立気象局のコンテンツフィードなど)によって発動されることがあります。AtHoc はこれらのイベントを監視し、事前に設定されたビジネスルールを使用して、緊急時の想定シナリオを自動的に有効にすることができます。また、AtHoc は情報共有と相互運用性を目的として、連邦、州、地方自治体などの外部システムとのコミュニケーションも可能にします。

ファイアウォールの導入によって、データの機密性確保およびネットワーク保護が保証され、安心感がもたらされます。パブリッククラウドおよび特許を取得したハイブリッド展開オプションなどの追加の実装アーキテクチャによって、セキュリティとプライバシーを犠牲にすることなく、お客様の要件に柔軟に対応することができます。PII およびその他の機密データは、ファイアウォールの内側で安全に保護されます。 FedRAMP 認証は、政府機関が最も安全なクラウドベースのサービスを使用しているという確信を与えます。

あらゆるデバイスへの通知を統一 多彩なパブリッシュ機能を提供 対象を絞った通知 緊急時の想定シナリオおよびプロセスを自動化 外部システム統合およびイベント監視 セキュリティに優れたクラウドまたはハイブリッド展開

コミュニケーションとコラボレーション:AtHoc Connect

緊急事態は、たとえ小規模でも単独で発生するわけではありません。AtHoc Connect は緊急事態時の組織間のコミュニケーションギャップを解決します。瞬時にワークフローを簡素化し、外部機関の最新の連絡先を管理する必要がなくなります。接続されている組織に通信がつながっていると確信することができ、ビジー信号や一方向のみのブロードキャストはありません。

本社やネットワーク組織全体との状況認識の共有によって、すべての政府機関および営利団体をつなぎ、1 分 1 秒を争う緊急時に連携が強化されます。お客様の対応に関連のある組織に参加を要請して、組織の目標と利益を共有するコミュニティと連携することができます。

組織は、個人を特定できる情報(PII)、配信チャネル、メッセージの内容、および受信者を完全にコントロールすることができます。アラートの受信者を把握することができますAtHoc Connect は他のサブスクリプションベースのモデルとは異なり、完全なコントロールと透明性を提供します。

他の組織とのシームレスな連携 情報共有の強化 プライバシーおよび機密性の保持

状況認識:AtHoc Collect

現場担当者がオペレーションセンターの目となり耳となることを可能にして、より確かな状況認識とより良い判断ができるようになります。ジオタグされた豊富なメディアレポートを使用して、現場の状況を可視化します。

位置追跡を有効化し、ユーザーのチームまたはオペレーションセンターと共有します。イベントは、ソース、種類、および連絡先に関する詳細情報とともに、地図上に表示することができます。遠隔地の担当者が危険を感じた場合は、「track me(自分を追跡)」機能を有効にすることができます。

ソース、種類、場所ごとにインバウンドレポートを収集、管理、送信することができます。インシデントを分類し、タグを付けてフィルタリングして、取るべきアクションを定義できます。

AtHoc Collect は、組織のすべての従業員が個人的な脅迫信号をスマートフォンに送信できるようにします。着信アラートおよび GPS 位置情報は、オペレーションセンターに送信されます。緊急に対処できる人員に注意を喚起する慎重な方法があることを知っておくことで、各従業員が安全を感じることができます。

リッチメディアを使用したイベントの報告 位置情報の追跡 フィールドレポートの表示および管理

ブログ

BlackBerry AtHoc に関する最新ニュースを購読することができます。

ブログにアクセス

リソース

ホワイトペーパー、データシートなどをダウンロードすることができます。

リソースを表示

緊急時通知のデモ

BlackBerry AtHoc のデモをご希望の場合はご連絡ください。

無料デモ

サポート