Video Poster Image

BlackBerryのサイバー脅威インテリジェンス

BlackBerry脅威リサーチ・インテリジェンスチームは、24時間365日体制で脅威行為者やサイバー攻撃との戦線を維持し、誰も見たことのない脅威を特定して阻止します。

ご登録いただくと、最新の脅威リサーチとインテリジェンスを入手し、最近の攻撃に関する最新情報を得ることができます。

BlackBerry グローバル脅威インテリジェンス レポート — 2024 年 3 月版

BlackBerry Threat Research and Intelligence チームの最新レポート (2023 年 9 月から 12 月を対象) では、1 日あたりのサイバー攻撃が前期比 19% 増加していることが示されています。このレポートは、電力、水道、交通システムなど、インターネットに接続された重要なインフラストラクチャを攻撃者がますます悪用していることを示しています。

最近のBlackBerry脅威リサーチとインテリジェンス・アラート

AllaKore RAT、メキシコの銀行と仮想通貨プラットフォームを標的に

金銭目的の攻撃者が、オープンソースのリモート アクセス ツールである AllaKore RAT の修正版を使用して、メキシコの銀行と仮想通貨取引会社をターゲットにしています。ルアーはメキシコ社会保障研究所 (IMSS) の命名スキーマを使用します。攻撃者は、メキシコ政府の IMSS 部門に直属している大企業に最も興味を持っているようです。その多くは総収益が 1 億ドルを超えています。

Qakbot 削除の余波: 私の組織は安全ですか?

司法省と FBI の共同による Qakbot の削除は多国籍作戦であり、世界で最も長く続いているマルウェア ファミリとボットネットの 1 つを破壊することで最高潮に達しました。世界中で 70 万台のコンピューターが影響を受け、その中には米国の 20 万台も含まれています。逮捕者は出ていないため、新たな憂慮すべき活動は、法執行機関の活動が Qakbot オペレーターのスパム配信インフラストラクチャに影響を与えたのではなく、C2 サーバーのみに影響を与えた可能性があることを示唆しています。

長続きするか?司法省とFBIがQakbotを取り押さえる。

米司法省とFBIは共同でQakbotの摘発に乗り出し、世界中の法執行機関やサイバー犯罪コミュニティに波紋を投げかけました。コードネーム「ダックハント作戦」と呼ばれるこの国際的な連携作戦により、当局はカクボットのオンライン・インフラを掌握することができました。タスクフォースはその後、70万台の感染マシンからマルウェアを除去しました。

ライブおよびオンデマンド・ウェビナー

グローバル脅威インテリジェンス レポートの詳細 | 2024年3月版

「BlackBerry® Global Threat Intelligence Report は、世界中のサイバーセキュリティの意思決定者によって最新のサイバーセキュリティの脅威に先駆けて情報を入手するために使用されています。

脅威調査およびインテリジェンス担当副社長の Ismael Valenzuela 氏とシニア テクニカル リードの Geoff O'Rourke 氏に参加して、最新レポートを詳しく見てみましょう。トピックには、「インシデント対応: 塹壕からの物語」および重要なインフラストラクチャの主要な脅威が含まれます。

BlackBerryライブ:ダークナイト2.0 - CTI報告の手引き

敵の模倣を成功させるのは、優れたサイバー脅威インテリジェンス(CTI)の直接的な成果であり、これはインテリジェンス・アナリスト、レッドチームのオペレーター、ブルーチームのディフェンダーが情報を提供する適切なCTI報告に大きく依存しています。BlackBerryチームとMITRE ATT&CK Evaluationsチームに参加し、CTIレポートの有用性と効果的なパープルチーミングを可能にする方法について話し合いましょう。

CylanceINTELLIGENCEとは何か、どのように役立つのか?

CylanceINTELLIGENCE™は、動的な攻撃の防止、発見、対応のために設計されたコンテキストに基づく脅威インテリジェンスを提供することで、企業の侵害回避を支援するサブスクリプションCTIサービスです。

グローバルチーム代表の紹介

Ismael Valenzuela

副代表、脅威リサーチ&インテリジェンス

Cesar Vargas

取締役 応用研究員

Anuj Soni

主席脅威研究員

Eoin Healy

シニア脅威研究員

Dean Given

シニア脅威研究員

Dmitry Melikov

脅威研究員

Alexandra Mozil

シニア脅威研究員

Pedro Drimel

脅威研究者、コンサルタント

Geoff O’Rourke

テクニカル・リード

Jacob Faires

シニア脅威研究員

Masaki Kasuya

主席脅威研究員

Natasha Rohner

プリンシパル脅威研究パブリッシャー