BlackBerry WorkLife

個人用デバイスに個別の企業 ID を追加

2 つのライン。1 人の社員。1 つのデバイス。

BlackBerry® WorkLife が提供する個別の作業用回線を個人用デバイスで使用することにより、仕事と私生活を完全に区別することができます。一方、企業は、社内で使用する電話番号を 100% 管理することができます。

BlackBerry® WorkLife Persona では、社員が Android™ デバイスと iOS デバイスで個別の企業 ID を使用して、通話やテキストの送受信を行うことができます。追加の SIM は必要ありません。BlackBerry® WorkLife Data を追加で使用するか単独で使用するかにかかわらず、社内アプリケーションと個人用アプリケーションで使用されるデータを区別することができます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

社員のプライバシー

BlackBerry WorkLife Persona は、通話やテキストメッセージを個人用と業務用に区別することにより、社員の適切なワークライフバランスの実現をサポートします。業務用の通話はそのまま受信され、BlackBerry WorkLife 経由で簡単に通話することができます。社員の私的な電話の内容が企業側に開示されることはありません。

社内で使用する電話番号の統合

社内のデスクで使用している電話番号をモバイルデバイスでも使用することができます。モバイルデバイスから電話をかけると、会社のデスクからかけた電話として認識され、会社にかかってきた電話は、モバイルデバイスに転送されます。

シンプルな管理

1 台の Web ベースコンソールで、すべてのユーザーと番号を簡単に管理することができます。ユーザーの追加と削除、番号の再割り当てだけでなく、テキスト、音声、録音、アーカイブなどに関するポリシーを設定することもできます。

BlackBerry WorkLife に組み込まれている高度な分析機能を使用すると、社員の業務に関する音声、テキスト、データの使用量を、Web ベースのコンソール経由で監視することができます。その際、社員の私生活に関する情報が企業側に開示されることはありません。データの使用状況については、合計の使用量、個別の使用量、還付タイプ別に表示できるため、社員によるモバイル上での作業内容を詳細に把握することができます。

コンプライアンスのための録音とアーカイブ

BlackBerry WorkLife Persona により、MiFID II やドッドフランク法など、法律に関する厳しいコンプライアンス要件に準拠することができます。通話がリアルタイムで記録され、社内の既存の e ディスカバリーソリューション内にテキストがアーカイブされるため、問題の解決に役立つ業務上のやり取りを正確に記録することができます。

企業データを使用する際の自動還付

BlackBerry WorkLife Data には、自分のデバイスで社内データを使用して業務を行う社員への支払いに対応するための、簡単に使用できる分割請求ソリューションが用意されています。手動による費用の請求や払い戻し金の処理を行う必要はありません。

社内のアプリケーションで使用されたデータだけを明確に区別することにより、還付処理を自動化することができます。企業は、業務に関連するデータの使用状況を把握することによって過払いを防ぎ、時間とコストがかかる複雑な BYOD デバイスの還付プログラムを使用する必要がなくなります。

迅速で簡単な導入

クラウドベースの BlackBerry WorkLife 製品は、通信業者や EMM に依存しないため、最小限のセットアップ作業を行うだけで、簡単に導入することができます。複数の製品を組み合わせて購入することも、個別に製品を購入することもできます。BlackBerry WorkLife Persona は、通信業者のネットワークを活用して安全性と信頼性を強化することにより、世界中の通信業者と連携することができます。

BlackBerry WorkLife Data は、ワンステップで有効にすることができます。VPN を使用してデバイスの通信を保護している、BlackBerry® Dynamics や他の EMM ベンダーが管理するアプリケーションでも機能します。

ソフトウェアのダウンロード

組織用の BlackBerry WorkLife を購入

会社の電話番号を社員に提供し、個人の電話番号と区別することができます。