CylancePROTECT®

人工知能により未知の脅威を予防するエンドポイント・セキュリティ

CylancePROTECT® (旧称:BlackBerry Protect)は、数理モデルの人工知能(AI)を使ったエンドポイント保護プラットフォーム(EPP)ソリューションです。これにより、未知の脅威を予防し、高度なサイバー攻撃から主導権を取り戻し、防御することができます。これらを実現するためにマニュアル操作は必要ありません。さらにオフラインでも動作します。もちろん、時代遅れのパターンファイルや、ヒューリスティックスキャン、サンドボックスすら不要なのです。

数理モデルの人工知能を使ったエンドポイント・プロテクション

  • マルウェアを予防する
  • メモリ・プロテクション
  • スクリプト・マネージメント
  • アプリケーション・コントロール
  • デバイス管理
  • 管理コンソールとレポート機能

AI ベースのマルウェア防御機能

人工知能は、実行される前に攻撃を検出し、防御します。さらに、安全な Web サイトに見せかけた悪意のあるURLにアクセスしたり、開いてしまう、というようなことも防ぐことができるのです。
AI ベースのマルウェア防御機能

メモリの脆弱性を検出して保護

メモリ保護機能によってセキュリティレイヤーが一段と強化されました。これにより、メモリを利用した脆弱性への攻撃をブロックし、OS自体への攻撃を予防します。
メモリの脆弱性を検出して保護

悪意のあるスクリプトから保護

悪意のあるスクリプトやスクリプトパスの監視と検出を行い、攻撃を未然にブロックすることができます。さらに、スクリプトを実行する場所とタイミングを制御することができるのです。
悪意のあるスクリプトから保護

特定機能向けのデバイスを保護します

限定された機能に特化したデバイス(キオスク端末や工場の機器など)をロックダウンし、変更管理を行います。これにより、デバイスをコンプロマイズされない、安全な状態に保つことが可能になります。
特定機能向けのデバイスを保護します

デバイスへのアクセス制御

各種のパラメーターを設定して、現在の環境にアクセス可能なデバイスを指定することができます。カテゴリレベルやデバイスレベルなど、任意のレベルでアクセス権を設定することができます。
デバイスへのアクセス制御

ロールと権限のカスタマイズ

インタラクティブなダッシュボードとリアルタイムの統計情報により、現在の状況と潜在的な攻撃について正しく把握することができます。
ロールと権限のカスタマイズ

数理モデルの人工知能を使ったエンドポイント・プロテクション

  • マルウェアを予防する

    AI ベースのマルウェア防御機能

    人工知能は、実行される前に攻撃を検出し、防御します。さらに、安全な Web サイトに見せかけた悪意のあるURLにアクセスしたり、開いてしまう、というようなことも防ぐことができるのです。
    AI ベースのマルウェア防御機能
  • メモリ・プロテクション

    メモリの脆弱性を検出して保護

    メモリ保護機能によってセキュリティレイヤーが一段と強化されました。これにより、メモリを利用した脆弱性への攻撃をブロックし、OS自体への攻撃を予防します。
    メモリの脆弱性を検出して保護
  • スクリプト・マネージメント

    悪意のあるスクリプトから保護

    悪意のあるスクリプトやスクリプトパスの監視と検出を行い、攻撃を未然にブロックすることができます。さらに、スクリプトを実行する場所とタイミングを制御することができるのです。
    悪意のあるスクリプトから保護
  • アプリケーション・コントロール

    特定機能向けのデバイスを保護します

    限定された機能に特化したデバイス(キオスク端末や工場の機器など)をロックダウンし、変更管理を行います。これにより、デバイスをコンプロマイズされない、安全な状態に保つことが可能になります。
    特定機能向けのデバイスを保護します
  • デバイス管理

    デバイスへのアクセス制御

    各種のパラメーターを設定して、現在の環境にアクセス可能なデバイスを指定することができます。カテゴリレベルやデバイスレベルなど、任意のレベルでアクセス権を設定することができます。
    デバイスへのアクセス制御
  • 管理コンソールとレポート機能

    ロールと権限のカスタマイズ

    インタラクティブなダッシュボードとリアルタイムの統計情報により、現在の状況と潜在的な攻撃について正しく把握することができます。
    ロールと権限のカスタマイズ

CylancePROTECT をお勧めする理由

数理モデルのAI 技術を活用して継続的に脅威を予防できます
Structural Dependency
未知のマルウェアをブロック

未知のマルウェアをブロック

AI 技術により、既知だけでなく、未知のマルウェアやゼロデイペイロードもブロックできます。
Structural Dependency
予測して予防

予測して予防

数理モデルAIだから攻撃を事前に予測して防ぐことができます。
Structural Dependency
ランサムウェアをブロック

ランサムウェアをブロック

強化されたAI数理モデルがゼロデイマルウェアを特定し、実行を防ぎます。
Structural Dependency
パターンファイルが不要

パターンファイルが不要

パターンを使用する既存のAVと違い、新種・亜種を検知し、更新時に保護機能が中断されることもありません。
Structural Dependency
より迅速に保護

より迅速に保護

ミリ秒単位で攻撃を防ぎます。 
Structural Dependency
簡単な管理

簡単な管理

レガシーソリューションと比べてスピーディに導入でき、毎日のスキャンなどの手間もありません。
Structural Dependency
軽量パフォーマンス

軽量パフォーマンス

軽量なエージェントは驚くほどわずかなリソースしか使用しません。
Structural Dependency
デバイスの承認

デバイスの承認

デバイスのアクセスを制御し、外的脅威を削減します。

モバイルデバイス向け CylancePROTECT

AI 駆動型のモバイル脅威対策

CylancePROTECT Mobile は BlackBerry® Unified Endpoint Manager (UEM)がモバイルデバイスに提供するセキュリティを強化します。デバイスおよびアプリケーションレベルで悪意のある高度な脅威を防止、検出、修正します。

リモートワークが普及した今、モバイルデバイスのセキュリティは重要です。そして、それはゼロトラストの重要なピースにもなるのです。

モバイルアプリケーションをスキャンして既存のマルウェアを検出
マルウェアとグレイウェアを、アプリケーションのサンドボックとコード分析のほか、アプリのセキュリティテストによって特定します。すべてのアプリケーションは、デバイスにプッシュされるかユーザーがアクセスを求める前に、スキャンおよび検証されます。
あらゆるデバイスとアクティベーションタイプを保護
あらゆるタイプのデバイス(管理端末および BYOD 端末を含む)で、ユーザーに負荷を与えることなくモバイルエンドポイントを継続的に保護します。高度な Android™ マルウェアの検出および予防と、iOS® アプリの整合性チェックが可能です。 
BlackBerry Dynamics に直接統合
BlackBerry UEM が管理するすべてのモバイルエンドポイントは、エンドユーザーによるサードパーティアプリのインストール、ログイン、または保守あるいは手動設定に依存することなく、ゼロデイ脅威から保護されます。 

ユーザー環境へ簡単に導入できます

常時接続された環境向けにクラウドからの導入
クラウドからのシンプルな管理を実現します。Windows®、Mac®、Linux® に対応した単一の軽量エージェントを使用し、導入は数分で完了します。これにより、効果的な予防策をすぐに実現することができます。再起動も、電子署名も、ハードウェアやそのメンテナンスコストも不要です。
独自環境のためのハイブリッド・デプロイ
シングルポイントでの接続ソリューションも用意しております。一度のダウンロードでローカルに配布できます。  また、ハイブリッド導入は、ネットワークを外部に露出することなくクラウド上とローカルのインフラストラクチャ間でのセキュリティ関連のコミュニケーションを容易にします。
クローズド環境向けのオンプレミス導入
ローカルネットワークインフラストラクチャ向けのオンプレミス導入アーキテクチャ。BlackBerry Protect は、物理サーバーにホストすることも、互換性のある仮想サーバーにホストすることもできます。
SE Labs Testで「検知」と「防御」について満点を取得

SE Labs Testで「検知」と「防御」について満点を取得

CylancePROTECT(レポートではBlackBerry® Protectと記載) と CylanceOPTICS(レポート中ではBlackBerry® Opticsと記載) は、SE Labs による「Enterprise Advanced Security」分野において、「AAA」の評価を受けました(検知と防御の最高スコア)

両製品はSE Labsより二年連続でのAAA評価となります。

このテストにより、BlackBerry® 製品がいかにサイバー攻撃に対し、幅広く対応できているか明確になりました。被害が発生してしまう前に脅威をブロックすることが出来たのです。

 

リソース

Structural Dependency
数理モデルのAIとは何か?詳しく解説します。
今すぐ読む
Structural Dependency
各種イベント情報はこちら
イベントカレンダー
Structural Dependency
お客様導入事例はこちらをご覧ください。
リソースセンター
Structural Dependency
システム要件はこちらをご覧ください。
システム要件を調べる