御社のウイルス対策は未知の脅威に対抗できますか?

350,000 以上の新しいマルウェアサンプルが日々展開されています

パターンファイルで検知するタイプのウイルス対策ソフトは、未知のの脅威に対応できません。何故なら、従来のソリューションはマルウェアサンプルによりパターンファイル・シグナチャを作成しているからです。これでは入手前のマルウェアには対抗できません。さらに、対応が遅く、肥大化したレイヤーや増大するシステムの更新に負担がかかります。AI 駆動型セキュリティは予想防御を可能にしました。リソースの負荷も軽く、お客様は用意に次世代のソリューションに移行できます。 

共存も可能、入れ替えもスムーズに行えます

素早く導入できます。入れ替えも容易です。

BlackBerry は、AI 駆動型ソリューションを迅速かつ効率的に展開します。利便性が損なわれたりしないように、既存のウイルス対策システムを変更せず、当社のソリューションをインストールできます。また、いつでも好きなときにアンインストールすることもできます。(伝統的なウイルる対策のようにPCのファイルフックが重複されたり、PCが遅くなったりしません)

段階的な移行

BlackBerry のソリューションは、他のソリューションと共存し、脅威の見落としをなくし保護を強化します。従来のソリューションは既知の脅威に対応するだけです。一方、BlackBerry 製品は、脅威を予測することが可能であり、既知、未知を問わず、すべての脅威を実行前に捕らえることが可能なのです

伝統的なエンドポイント・ウイルス対策は、どうして見直されるべきなのか?

三つのポイントを確認し、現在のエンドポイント保護が将来にも対応できるか判断してください。

ウイルス対策を変更する場合の重要な点とは?

効果
セキュリティへの投資は重要です。未知の脅威があふれる現在、御社のビジネスを危険に晒しかねません。例えば、システムに大きな負荷をかけることなく(BlackBerry製品は、コンピューターではなく、ファイルを検疫)、予想防御により、感染調査に時間を費やすことなく、悪意のあるファイルの実行前に新たな脅威を確実に見つけることが可能になるのです。
シンプルさ
複雑なことに煩わされず、AI に任せて負担を減らすことが得策です。BlackBerry Protect のインストールはわずか数分です。チューニングも簡単ですぐに効果を実感することが出来るでしょう。
パフォーマンス
毎日のスキャンと定期的なシグネチャの更新(場合によっては常時ネットワーク接続が必要)は、ネットワークとシステムの効率を著しく低下させます。BlackBerry Protect は、CPU の負担を最小限に抑え、優れた効果で起動前にファイルを分析します。
評判/実行可能性
BlackBerryは、ベンダー、アナリストから規制当局にいたるまで、各セキュリティ担当者による高い顧客満足度を得ています。また、多くの業界規制に準拠し、特定の要件を満たすことが検証/認定されています。

比類なき BlackBerry の性能

機能 BlackBerry Protect の保護 旧世代のレガシーソリューション
マルウェア予防 数理モデルのAI はシグネチャを使いません。未知の脅威でも防御が可能です。(TPA Average of Ransomware: 1,374 日、2019年弊社調べ) シグネチャベース – 判別済の脅威をキャッチアップするために頻繁な更新が必要
他の脅威の予防機能 スクリプトやアプリケーションの制御、メモリ保護、デバイス使用ポリシーの適用 製品ごとに違いはあるが、基本的な脅威予防技術の提供
管理・展開モデル クラウドの管理コンソールでエンドポイントに展開。EDRやモバイルデバイスの管理も単一コンソールで管理 クラウド上の管理コンソールでエンドポイントに展開。管理コンソールが機能によって異なる
継続的予防 ネットワーク接続にかかわらず、エンドポイントは保護されます。クラウドに接続しなくても、機械学習(ML) モデルをエンドポイントで実行。オフライン環境でも動作・保護します。 通常、クラウド接続が必要、短時間でもエンドポイントをオフラインにすると、予防レベルが著しく低下
BlackBerry Protect の保護
マルウェア予防 数理モデルのAI はシグネチャを使いません。未知の脅威でも防御が可能です。(TPA Average of Ransomware: 1,374 日、2019年弊社調べ)
他の脅威の予防機能 スクリプトやアプリケーションの制御、メモリ保護、デバイス使用ポリシーの適用
管理・展開モデル クラウドの管理コンソールでエンドポイントに展開。EDRやモバイルデバイスの管理も単一コンソールで管理
継続的予防 ネットワーク接続にかかわらず、エンドポイントは保護されます。クラウドに接続しなくても、機械学習(ML) モデルをエンドポイントで実行。オフライン環境でも動作・保護します。
旧世代のレガシーソリューション
マルウェア予防 シグネチャベース – 判別済の脅威をキャッチアップするために頻繁な更新が必要
他の脅威の予防機能 製品ごとに違いはあるが、基本的な脅威予防技術の提供
管理・展開モデル クラウド上の管理コンソールでエンドポイントに展開。管理コンソールが機能によって異なる
継続的予防 通常、クラウド接続が必要、短時間でもエンドポイントをオフラインにすると、予防レベルが著しく低下

面倒な作業をルーチン化

デバイス使用ポリシーの適用
環境に接続できるデバイスのパラメーターを設定します。アクセスの許可は、シリアル番号レベルまで細分化することも、デバイスカテゴリのように大まかにすることもできます。 
特定機能のデバイスをアプリで制御
指定のシステムをロックダウンし、ロックダウン後のデバイス変更を制限します。特定機能のデバイスを元のままの状態に保つのに最適です。    
スクリプト管理
環境内で悪意のあるスクリプトやスクリプトパスを監視、検出し、実行を防ぎ、ファイルやシステムの損傷、評判の低下を防ぎます。   

攻撃の回避状況を強化

ファイルレス・マルウェア攻撃の防御

メモリに常駐するファイルレス・マルウェアの攻撃はいままでのファイルシグナチャやハッシュを使ったウイルス検知に対する脅威となっています。これらにどのように対抗するか、デモをお見せします。

マルウェアの予防

対応よりも予防が重要です。BlackBerry AI 製品(旧称 Cylance)を活用すれば、攻撃が実行、展開され、破壊的でコストがかかるペイロードが配信される前に、攻撃を検出して予防することができます。

テストとレポート

SC Media Innovator が選出する「イノベーターの殿堂」

BlackBerry Protect と BlackBerry Optics は SC Labs 承認のソリューションです。また、当社は SC Media で 3 年連続して「イノベーター」に選出されています。現在は「イノベーターの殿堂」に選出されています。

ガートナーの調査結果

ご自身で確認してください。同僚の IT 技術者、管理者、ネットワークエンジニア、CISO の意見とともに、好意的な顧客の多くの意見を参考にしてください。

リソース

BlackBerry Protect データシート
データシートを読む
2020年、ランサムウェアに対する予想防御実態レポート(オーストラリア・ニュージーランドで実施)
レポートを入手
次世代エンドポイントセキュリティソリューションを選択する際に考慮するポイント
インフォグラフィックを読む
従来の AV のしくみとAI駆動型セキュリティの違い
ビデオを見る