トップナビゲーションをスキップ

金融向けの安全な IoT

ホワイトペーパー

金融業界におけるスマート化がもたらす確かな成果

世界の金融機関は、データ、データの安全性、正確かつ検証可能なデータの送信を中心として独自の世界を展開しています。必然的に金融サービス業界では、モノのインターネット(IoT)が主要な役割を担っています。

非常に厳しい規制基準に準拠しつつ顧客データの保護、優れたビジネスモデルの提供、カスタマーエクスペリエンスの向上を実現する必要のあるこの業界は、デジタル革命の最前線となっています。

80%

技術的な R&D への投資を増やしている金融サービス企業の割合1

50%

2020 年までに導入される IoT センサーのうち、金融サービス機関へのデータ提供に使用されると考えられる IoT センサーの割合2

トップ 10

金融サービスは IoT イノベーションに向けてセンサーに投資している業界トップ 10 に含まれている3

IoT が金融にもたらす成果

IoT は、金融サービス業界全体がより効率的でパーソナライズされた商品とサービスを提供することを可能にします。あらゆるタッチポイント(ATM 使用時、資産取引時、製品購入時など)において、使用できるデータの種類が豊富であるほど、金融サービス企業は顧客のビジネスニーズを特定し、顧客へのエンゲージメントを推進しやすくなります。 

ユースケース

  • ウェアラブル端末や TV など、より多くの接続デバイスからの自動支払いを実現
  • トランザクションデータや顧客データをより多くプールし、情報を活用して顧客の維持率を向上
  • 車両のセンサーからより正確なデータを使用して、保険による保障範囲を拡大
  • モバイルバンキングの次の進化型であるスクリーンレスタイプのバンキング機能を推進4
  • 顧客の好みをより深く理解して財産管理を促進

データおよび顧客のプライバシーを保護

サイバー攻撃の標的となる業界ランキングで常に上位に含まれる金融サービス5 においてセキュリティは最優先事項です。

顧客データの大量収集に加えて、IoT はワークフローや職場も変革します。金融サービスの従業員は、いつどこでどのデバイスを使用して作業するか柔軟に選択できることを望んでいます。生産性を増大するハイパーコネクティビティは、企業や顧客のセキュリティ問題も増大させます。組織は最適なデータ管理機能、セキュリティ機能、基準を設けて、顧客のプライバシーを保護する必要があります。 

ファイアウォールの外側でのファイル共有を保護

BlackBerry® Workspaces などのコンテンツコラボレーションツールを活用することで、サイバー脅威を管理、防止して、金融データや顧客情報を保護できます。

  • 監査証跡を使用してファイルへのアクセスを追跡、制限
  • ファイアウォールの外側への送信時を含め、ファイルの送信時にファイルを保護
BlackBerry Workspaces の詳細を確認

Cybersecurity Consulting

BlackBerry Cybersecurity Consulting は、各組織において複雑化するサイバーセキュリティリスクを分析、低減します。

  • 最新のサイバーセキュリティの脅威を特定、対応、防止
  •  顧客に合わせたアプローチにより、顧客固有のセキュリティ体制に関する顧客の理解を促進
BlackBerry Cybersecurity Consulting の詳細を確認

ニュースとリソース

BlackBerry が新製品およびパートナーシップにおいて IoT の進化に対応

記事を読む

大手インドネシア銀行が BlackBerry を信頼する理由

ブログ投稿を読む

金融サービスとデジタルバンキング

データシートをダウンロード