Microsoft と BlackBerry: 連携によりセキュリティを強化

Microsoft アプリケーションをモバイル化

既存の Microsoft アプリケーションをモバイル化してデータを保護

組織が社員のモバイル化を進める中、IT部門 は Microsoft® テクノロジへの既存の投資を幅広いモバイルデバイスおよびプラットフォームに拡張する必要に迫られています。BlackBerry® は、重要なビジネスデータを保護しながら、Microsoft アプリケーションをモバイル化するためのシンプルで安全なクロスプラットフォームアプローチを提供します。

BlackBerry Work と Office 365 との連携

BlackBerry® Enterprise BRIDGE を使用すると、ネイティブの Microsoft® モバイルアプリ(Microsoft® PowerPoint®、Word、Excel® など)を、Blackberry® Work などの Blackberry® Dynamics アプリケーションからシームレスかつ安全に使用することができます。この独自の機能は、iOS と Android™ の両方で使用することができます。

正確性

すべてのデバイスで、ドキュメントの作成、編集、表示を正確に実行することができます。

シームレス

ネイティブの Microsoft アプリケーションを、BlackBerry Work からシームレスに使用することができます。

高い安全性

Microsoft® Office® をモバイルデバイスで使用して、組織内のデータをコンテナ化された状態に保つことができます。

生産性

Windows 10、macOS、iOS、Android でネイティブの Microsoft アプリケーションを使用して、同じファイル上で作業を行うことができます。

BlackBerry UEM で Office 365 をモバイル化

BlackBerry® Unified Endpoint Manager (BlackBerry® UEM) は、BlackBerry の管理対象下にある既存の企業アプリケーションに加えて、Microsoft® Office 365™ の生産性アプリケーション(Microsoft® Word、Excel®、PowerPoint® など)を直接管理できます。管理者は他の企業アプリケーションを管理するために使用するコンソールと同じコンソールで、Office 365 アプリケーションにポリシーを適用できます。これらのアプリケーションがネイティブの OS MAM、サードパーティコンテナ、または BlackBerry® Dynamics1 に管理されているかどうかは問いません。また、BlackBerry UEM は、IT 管理者が BlackBerry の管理およびセキュリティポリシーと並行して MAM の保護ポリシーを導入できるようにします。

BlackBerry Dynamics と Microsoft Office 365 を並行して導入

 

オプションのクラウド導入モデルを使用すると、BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform と BlackBerry UEM の両方を使用して、モバイルアプリケーションエコシステム全体をクラウドから管理できます。これにより、Microsoft Office 365 の導入が適切に補完されます。メッセージングインフラストラクチャをOffice 365に移行した組織の場合、BlackBerryは安全な電子メール、コラボレーション、MDMで完全にクラウドベースの展開を提供します。クラウドまたはオンプレミスで実行可能な BlackBerry Work は、ホストされた Exchange 環境だけでなく Office 365 もサポートします。Office 365 に移行中の組織の場合、BlackBerry Work をクラウドベースで導入すると、Office 365 ユーザーと従来の Exchange ユーザーの両者を 1 回の導入でサポートできます。携帯電話に内蔵されている電子メールアプリケーションを使用したい場合は、BlackBerry UEM が提供するクラウドベースの Exchange ActiveSync Gatekeeping を使用することで、送信時のデータを保護できます。  アーキテクチャやトポロジを問わず、BlackBerry は高速かつ柔軟性と安全性に優れたコラボレーションを実現します。

SharePoint をモバイル化

 

BlackBerry Work および BlackBerry Share は、Microsoft SharePoint レポジトリに保存されたコンテンツを安全にモバイル化します。閲覧、検索、ブックマーク、ダウンロード、同期、アップロード、チェックアウト、開いて編集、開いて注釈付け、変更内容のドキュメントへのチェックインなど、主要な SharePoint 操作がサポートされています。これと同時に、アプリケーションでエンドツーエンドの暗号化が実施され、ドキュメントコンテンツが保護されます

OneDrive for Business をモバイル化

BlackBerry Dynamics Secure Mobility Platform は、Microsoft® OneDrive™ for Business との広範囲にわたる統合をサポートします。プラットフォーム上に構築されたすべてのアプリケーションは、OneDrive for Business のドキュメントにすばやく安全にアクセスし、保存を実行できます。これらのアプリケーションには、電子メールや編集に対応する BlackBerry Work、安全な各種ビジネスアプリケーションセット、カスタムアプリケーションが含まれます。

Lync および Skype for Business をモバイル化



BlackBerry® Connect を、Microsoft® Lync®、Skype for Business、Skype for Business Online に統合することにより、インスタントメッセージング、ファイル共有、企業ディレクトリ検索、ユーザープレゼンスを、任意のデバイスで使いやすいインターフェイスから安全な方法で実行することができます。また、BlackBerry Dynamics Platform は Lync および Skype for Business のユーザープレゼンス機能を、すぐに使えるモジュラーサービスとして統合し、開発者が独自のカスタム構築アプリケーションと簡単に統合できるようにします。

Microsoft Dynamics CRM をモバイル化




BlackBerry 用の Microsoft® Dynamics CRM は、Dynamics のネイティブなユーザー操作環境を販売組織に提供します。また、組織が所有する管理が必要な情報(お客様、連絡先、供給経路関連など)の保護に必要なセキュリティを IT に提供します。BlackBerry 用の Microsoft Dynamics CRM を使用すると、見積もり、注文書、顧客データにリアルタイムでアクセスし、かつセキュリティ基準や規制要件を満たすこともできるため、販売サイクルを加速化して顧客満足度を向上できます。

  1. Intune 用の Microsoft Graph API はベータ版であるため、この機能は制限されています。BlackBerry では API が正式にリリースされ次第、サポートする予定です。