ナビゲーションをスキップする

モバイル脅威対策(MTD)

すべてのモバイルデバイスを保護

MTD とは

モバイルデバイスの数が劇的に増加するなか、モバイルマルウェアやサイバー攻撃が増加しています。一方、モバイル脅威対策(MTD)と呼ばれる新しいモバイルセキュリティ機能が急速に台頭してきており、MTD を導入する組織が増えています。これらのソリューションは従来のエンタープライズモビリティ管理EMM)ソリューションを提供するだけでなく、追加のセキュリティ層を提供します。脅威を防止、検出、修正し、セキュリティ機能全体を改善して、組織のあらゆるモバイルデバイスとアプリケーションを保護します。

モバイル脅威対策が今日必要な理由

組織の 30% が 2020 年までにモバイル脅威対策(MTD)を導入すると見込まれています。2018 年の 10% 未満と比較すると大幅な増加です。1

4,200 万

毎年モバイルに対する 4,200 万件のマルウェア攻撃が発生しています1  

63%

63% のグレーウェアアプリがデバイスの電話番号を漏洩させています1

およそ 5 分の 1

およそ 5 分の 1 のビジネスアプリや業界アプリが個人情報を漏洩させています1

ゼロトラストとゼロタッチを実現するアーキテクチャ 

認証の重要性と、操作性や生産性との両立が難しい場合があります。しかし、一般的な静的ポリシーソリューションではどちらの問題にも対処できません。

BlackBerry® UEM により、 BlackBerry Protect に加えて、BlackBerry Persona を 使うことができます。これは、AI および分析主導型の堅牢なセキュリティ製品です。BlackBerry Persona は、安全な BlackBerry コンテナ、BlackBerry UEM、BlackBerry NOC の独自の BlackBerry 分析データをモデル化することにより、実現しました。AI を空間データと組み合わせてリアルタイムのリスクスコアを決定し、ユーザーのセキュリティポリシーに対応することで、最高のエクスペリエンスとセキュリティ体制を構築します。

BlackBerry Protect と BlackBerry Persona は BlackBerry UEM と連携して最適なゼロトラストとゼロタッチを実現するアーキテクチャを構築します。これにより、包括的なエンドポイント管理と保護ポートフォリオを提供することが可能になりました。そして、エンドポイント、ユーザー、データを侵害やデータ損失から保護します。

BlackBerry Protect

MTD ソリューションである BlackBerry® Protect は、人工知能を使用してマルウェア感染を阻止し、URL フィッシング攻撃を防ぎ、また、アプリケーションの整合性をも検査することができます。BlackBerry UEM のモバイルエンドポイント管理機能と、AI による脅威保護機能をもつ Cylance を組み合わせることで、ゼロトラスト環境で悪意のあるサイバー攻撃に先手を打つのです。

  • モバイルエンドポイントをマルウェアやフィッシング攻撃から保護します
  • モバイルアプリケーションをスキャンして、既存のマルウェアを検出します
  • すべてのデバイスに完全なエンドポイント保護を提供します
  • BlackBerry Dynamics に直接統合されており、BlackBerry UEM によって管理されます

BlackBerry Protect と BlackBerry Persona は BlackBerry UEM と連携して最適なゼロトラストとゼロタッチを実現するアーキテクチャを構築します。これにより、包括的なエンドポイント管理と保護ポートフォリオを提供することが可能になりました。そして、エンドポイント、ユーザー、データを侵害やデータ損失から保護します。

  1. 「Market Guide for Mobile Threat Defense(マーケットガイド:モバイル脅威対策)」Gartner 社、2018 年 10 月