Unified Endpoint Management - UEM

多様なエンドポイントを管理

さまざまなエンドポイントを柔軟に保護

増加するデバイスを効果的に管理しながら企業データを保護するには、どうすればよいでしょうか。新しいタイプのデバイスが急増し、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル端末、IoT の境界線が定かでなくなる中で、どのように管理を行えばよいでしょうか。

オンプレミス環境かクラウド環境かにかかわらず、BlackBerry® Enterprise Mobility Suite の主要コンポーネントである BlackBerry® UEM により、組織内のすべてのインテリジェントなエンドポイントの保護と管理を行うことができます。UEM Cloud は、クラウドサービスのすべてのメリットを活用して、ID 管理、デバイス管理、アプリケーション管理用の最も安全なプラットフォームを実現します。

BYOD ユースケースで BlackBerry は最高スコアを獲得

2018 年 Gartner 社の「モバイル管理の高度なセキュリティに欠かせない機能」に関するレポート

スマートフォン

BlackBerry Enterprise Mobility Suite は、共有デバイスと、最新リリースの iOS の初日サポートを提供します。階層化されたセキュリティモデルを使用し、すべての BlackBerry アプリケーション、主要な ISV アプリケーション、ネイティブ iOS アプリケーションのセキュリティ強化など、iOS プラットフォームに対するさまざまなサポートを提供します。

BlackBerry Enterprise Mobility Suite のタッチレス登録機能により、大規模な Android 環境を構築することができます。

BlackBerry アプリケーションのスイート全体を対象とした Android サポート、さまざまな ISV アプリケーション、Samsung KNOX Workspace に対する包括的なサポート、企業用 Android を活用して、社員によるモバイル作業の生産性を高めることができます。

管理チームは、Windows Phone デバイスで MDM ポリシーとアプリケーション固有のポリシーを設定することができます。ユーザーは、ビジネスレベルで保護された電子メールや、BlackBerry Dynamics Platform 上で構築された各種アプリケーションを使用することができます。

精度の高い基準を使用して、BlackBerry® 10 デバイスを管理することができます。BlackBerry® UEM は、さまざまなデバイスやポリシーを統合されたコンソールから管理します。iOS、Android、Windows、macOS などで使用されているソリューションにより、BlackBerry デバイスを管理することができます。

デスクトップ

デスクトップ、ノートパソコン、タブレットデバイス(Microsoft Surface など)を含め、Windows 10 のデバイスに対して堅牢なサポートを提供します。管理チームは、BlackBerry Enterprise Mobility Suite を使用して、Windows デバイス上で MDM ポリシーを設定することができます。これにより IT 部門は、シンプルな方法で PC を管理できるようになります。MDM ポリシーを使用して PC を管理することにより、IT 部門は、Windows デバイスを迅速にセットアップして、簡単にサポートを提供することができます。

さらに、BlackBerry® Access for Windows を使用すると、BlackBerry® Work の生産性向上アプリケーションなどの HTML5 アプリケーションをコンテナ化された環境に簡単に導入し、オフラインでアクセスすることができます。これにより、従来の VDI 導入環境に制限される必要がなくなります。

モバイルデバイスを管理する場合と同じテクノロジーを使用して、MacBookを管理できます。BlackBerry UEM は、macOS が稼働しているノートパソコンの MDM ポリシーを、統合されたコンソールから管理します。BlackBerry Access for macOS を使用することにより、BlackBerry Work の生産性向上アプリケーションなどの HTML5 アプリケーションをコンテナ化された環境に簡単に導入し、オフラインでアクセスすることができます。これにより、従来の VDI 導入環境に制限される必要がなくなります。

ウェアラブル端末

企業用と工業用のウェアラブル端末の全世界における年間出荷台数は、2015 年の 230 万台から 2021 年には 6640 万台に増加すると予想されています。(1.)企業で使用されるこれらのデバイスの数と種類が増加する中で、組織はデバイスの管理、制御、有効化を保護する新しい方法を見つける必要があります。

最近では、スマートグラスが職場で活用されるようになってきましたが、スマートグラスを使用するには、新しいレベルのセキュリティとサポートが必要になります。BlackBerry UEM ソフトウェアは、これらのデバイスの管理とコントロールを保護するための包括的なツールやポリシーを提供します。デバイスを BlackBerry の保護されたネットワークに接続することにより、ソフトウェア更新のコンプライアンスへの準拠や、サードパーティ製アプリケーションの提供などを行うことができます。

デバイスやアプリケーションの包括的なポリシー制御セットを BlackBerry Work で使用して、Apple Watch デバイス上の企業電子メールやカレンダー通知へのアクセスを管理して保護することにより、生産性を大幅に向上させることができます。この機能により、ユーザービリティや企業レベルのセキュリティを新しい方法で統合することができます。

BlackBerry Enterprise Mobility Suite は、企業が Android Wear のセキュリティとモビリティの管理を包括的に行えるようにします。MAM を介してさまざまな Android Wear デバイスのセキュリティとサポートを確保することにより、モバイル生産性を向上することができます。

  1. Tractica 社による調査結果:Enterprise and Industrial Wearable Shipments and Revenue, World Markets:2005 ~2015 年