AI 駆動型 EDR のメリット

強力な人工知能(AI)技術を基盤とし、脅威の防止を目的とした EDR を実現するための新しいアプローチを採用しました。これにより、エンドポイントがサイバー脅威に対する弱点になるのを防ぐことができます。高度な EDR を導入する準備はできていますか?

EDR に対する新しいアプローチ

脅威の全体像を把握 脅威の全体像を把握 脅威の全体像を把握

脅威の全体像を把握

脅威が阻止された場合、セキュリティ担当者は重要なデータをキャプチャし、根本原因を分析して、攻撃の原因と攻撃者によるエンドポイントの侵害方法を理解する必要があります。
高い可視性を実現 高い可視性を実現 高い可視性を実現

高い可視性を実現

コンピューターの挙動が通常とは異なる場合や、エンドポイントが危険にさらされている可能性があると考えられる場合に備えて、明確な判断を行うための可視性を実現するセキュリティツールキットを導入する必要があります。
隠れた脅威を検出 隠れた脅威を検出 隠れた脅威を検出

隠れた脅威を検出

脅威を阻止できた場合であっても、まだ別の脅威が潜んでいる可能性があります。これまで、こうした隠れた脅威を検出するのは、経験豊富なセキュリティアナリストの仕事であると考えられてきました。しかし、AI 駆動型 EDR を導入すれば、セキュリティチームのすべてのメンバーが、隠れた脅威を簡単に検出できるようになります。
自動脅威検出 自動脅威検出 自動脅威検出

自動脅威検出

高度な脅威を特定し、深刻な被害に遭う前にそれらの脅威を根絶するには、静的な検出機能、機械学習技術、カスタムルールを組み合わせて自動化された脅威検出アプローチが必要になります。

従来の EDR とAI 駆動型 EDR: 比較

利点 BlackBerry Optics 従来の EDR
防止ベースのアプローチにより、操作や分析を必要とするインシデントの総数が減少する
だれでも使用できるソリューションであるため、より多くのメンバーがソリューションを管理できる
セキュリティに関連するアクティビティデータだけをローカルで収集することにより、法的責任が大幅に軽減され、コンプライアンスが向上する
データをローカルに保存することにより、法的責任が大幅に軽減され、コンプライアンスが向上し、パフォーマンスとスケーラビリティが最適化される
セキュリティの専門家は、もはや数千件におよぶルールを作成、管理する必要がなくなる
スタッフを増員することなく、検出が難しい脅威を発見する能力を高めることができる
自動化されたアプローチにより、分析にかかる時間が短縮される
自動化機能と機械学習技術により、これまでは規模の大きな組織でしか実現できないと考えられていたセキュリティ体制を、組織の規模を問わず維持できる
BlackBerry コンサルティングチームによるセキュリティ戦略の拡張と強化

BlackBerry コンサルティングチームによるセキュリティ戦略の拡張と強化

BlackBerry Optics は、脅威の検出プロセスと対応プロセスを自動化します。BlackBerry コンサルティングチームの専門スタッフは、より少ないリソースで脅威を迅速に特定して軽減するためのサポートを提供します。ThreatZERO ホワイトグローブサービスは、すべてのソリューションで専用のサポートを提供します。

データで見る AI のメリット

すべての業界の経営幹部と IT 担当者は、AI を活用して企業のセキュリティを強化しようと考えています。

セキュリティチームの 77% が、AI を活用したツールとそれ以外のツールを比較した場合、AI を活用したツールの方がより多くのセキュリティ違反を防ぐことができたと回答しています

セキュリティチームの 83% が、競合他社に勝つために AI に投資していると回答しています

セキュリティチームの 78% が、人間では検出できない脅威が AI によって検出されたと回答しています

セキュリティチームの 80% が、AI の導入によってチームの生産性が向上したと回答しています

AI 駆動型 EDR のメリットの詳細を見る

BlackBerry Optics のデータシート
データシートを読む
BlackBerry Protect と BlackBerry Optics のソリューションブリーフ
ソリューションブリーフを読む
BlackBerry Optics 2.4: 拡張された可視性と高度な防止機能
ウェビナーを見る
AI 駆動型セキュリティソリューションの評価
ガイドを見る