2021 年版 BlackBerry 脅威レポートのハイライト

世界中に影響を及ぼすサイバーセキュリティの問題が明らかになりました。これは現時点だけではありません。私たちの未来にも大きな影響を及ぼします。

「BlackBerry® 2021 脅威レポート」では、今年および昨年に発生した主要なサイバーセキュリティ・イベントについて調査分析を行いました。このエディションでは、新型コロナウイルス感染症の悪用、選挙システムの脆弱性、主なマルウェアによる攻撃、その他の最近発生した多くの問題について説明します。 

今起きている脅威アクティビティ

新型コロナウイルス感染症を悪用することで、窮地に陥っている人々を攻撃する新たな攻撃者を生み出しました。 新型コロナウイルス感染症を悪用することで、窮地に陥っている人々を攻撃する新たな攻撃者を生み出しました。 新型コロナウイルス感染症を悪用することで、窮地に陥っている人々を攻撃する新たな攻撃者を生み出しました。
新型コロナウイルス感染症を悪用することで、窮地に陥っている人々を攻撃する新たな攻撃者を生み出しました。
この混乱下で企業や組織に脅威を与える脅威アクターが成長を遂げました。一方、企業は在宅勤務ポリシーを作成し、安全を確保することに苦戦を強いられてきました。このような環境下、攻撃者は、フィッシング詐欺を実施するためにウイルスやモバイルアプリを使い、犠牲者を釣りあげているのです。
ランサムウェアを「サービス」として提供する Ransomware-as-a-service(RaaS)により、悪質な脅威がさらに増大傾向に ランサムウェアを「サービス」として提供する Ransomware-as-a-service(RaaS)により、悪質な脅威がさらに増大傾向に ランサムウェアを「サービス」として提供する Ransomware-as-a-service(RaaS)により、悪質な脅威がさらに増大傾向に
ランサムウェアを「サービス」として提供する Ransomware-as-a-service(RaaS)により、悪質な脅威がさらに増大傾向に
攻撃者は RaaS を利用して、ランサムウェア攻撃を容易に収益化、商品化、アウトソーシング、サポートを行うことが可能になっています。事実、巧妙に組織化された犯罪者は、高い利益を生み出し、それを新たな攻撃戦略につなげてきました。
パンデミックの中、重要な産業界を圧倒するような機会を狙う攻撃者 パンデミックの中、重要な産業界を圧倒するような機会を狙う攻撃者 パンデミックの中、重要な産業界を圧倒するような機会を狙う攻撃者
パンデミックの中、重要な産業界を圧倒するような機会を狙う攻撃者
重要なインフラストラクチャへの攻撃が増加しています。高度な攻撃者たちによる、フィッシングキャンペーンにより、製造、ヘルスケア、エネルギーサービス、食品の各業界は大きな打撃を受けました。ワクチンのサプライチェーンもその標的になりました。
基幹システム における今年最大の脅威

基幹システム における今年最大の脅威

BlackBerry 脅威解析チームによる、基幹システムや OS(Linux、Windows、macOS)への脅威など、幅広いレポートをご覧いただけます。

ランサムウェア、RAT、スパイウェア、その他の脅威により、世界中のユーザーにとって対応が困難な、厳しい年になりました。それぞれの主要なプラットフォームで、どの脅威が最悪の攻撃者であったか、をご確認ください。

トレンディングトピック

選挙プロセスの保護

2020 年の主要トピックとして選挙システムの健全性が挙げられます。メディアによる報道では主として、電子投票機のセキュリティに焦点が当てられていました。ただし、現実におきている、あるいは潜在的な選挙システムの脆弱性の多くについてはほとんど注意が向けられておらず、多くの課題が残っています。 

2021 年のランサムウェア:将来動向と予測

昨年は、Netwalker ランサムウェア の脅威が増加したことから始まり、ランサムウェア攻撃の頻度と深刻度が年間を通じて劇的に増加しました。これらの多くは残念ながら予測通りとなってしまいました。このことを念頭に置いて、今後一年で何が起きるかを予測しましょう(実はかなり恐ろしいことになると思われます)。

オフィスの枠にとらわれないサイバーセキュリティ

注目のサイバーセキュリティ、危機、新型コロナウイルス感染症 注目のサイバーセキュリティ、危機、新型コロナウイルス感染症 注目のサイバーセキュリティ、危機、新型コロナウイルス感染症
注目のサイバーセキュリティ、危機、新型コロナウイルス感染症
パンデミックは、脅威アクターに多くの新たな機会を与えることになりました。人々が、新型コロナウイルス感染症を利用した攻撃にさらされている中で、企業は在宅勤務ポリシーを実行し、安全を確保することに苦戦を強いられました。  この実態はブログにて議論されています。
注目のコネクテッドカー 注目のコネクテッドカー 注目のコネクテッドカー
注目のコネクテッドカー
コネクテッドカーは、組み立て工程に複数のベンダーが関わっているため、保護が困難な場合もあります。国連は、自動車メーカーに影響を及ぼす新たな規制を可決することで対処しました。BlackBerry QNXはここでも大きな役割を果たしています。
注目のモバイル 注目のモバイル 注目のモバイル
注目のモバイル
脅威アクターは、ユーザーの期待や不正利用できるオーバーレイを悪用して、スマートフォンユーザーに対して攻撃を仕掛けました。お使いのモバイルデバイスをこの新しい脅威から保護する方法についてご確認ください。 
知識をもってリスクに備えることが大切です。「2021 脅威レポート」をダウンロードしましょう。

知識をもってリスクに備えることが大切です。「2021 脅威レポート」をダウンロードしましょう。

BlackBerry は、企業や組織が安全に保護された環境で ビジネスを運用されることを願っています。「2021年版 脅威レポート」は、そのためのサイバーセキュリティに関する重要な情報を提供しています。現在直面している脅威を把握することで、未来を見据えて準備を整えることができるのです。

お勧めの資料

BlackBerry Research and Intelligence Unit
取り組み
ランサムウェア対策
詳細を見る
AIを使ったエンドポイント保護とEDR
詳細を見る
AI 駆動型 EDR のメリット
詳細はこちら