BlackBerry® オンラインセミナー

【終了】4月25日(月)10:00~4月28日(木)18:00

【最新】2022年版 脅威レポート解説セミナー

Log4j脆弱性、エモテットの再来や検出されないランサムウェアに席巻された・・・

昨年のトレンドを振り返り、今年注意すべき脅威傾向と予防策を弊社アナリストが徹底解説します。

2021年は、国内外・企業規模を問わず、深刻なランサムウェアの被害が相次ぎ、その実被害がリアルビジネスに拡大した年でした。そして11月、エモテットが再来し、今年3月には2020年の感染ピーク時の約5倍以上に急増しています。*1 この傾向はますます加速されています。

具体的には、検知されないランサムウェア、復活したエモテット、さらにはウクライナ情勢で高まる破壊的サイバー攻撃など、マルウェアは高度化、多様化、そして有害化が進んでいます。

当セミナーでは、年に一度発刊される脅威レポートを弊社リサーチャーが解説します。

変化の著しい昨今の社会情勢や最新のサイバー攻撃に備えるためには、サイバーセキュリティに対するアプローチを見直し、新たな選択肢を検討する必要があります。

*1 Emotetに感染しメール送信に悪用される可能性のある.jpメールアドレス数 (引用: JPCERT/CC - マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起)

(尚、当セミナー日時、内容などは予告なく変更されることがあります。予めご了承ください)

 

期間中であれば、すべてのコンテンツがオンデマンドでご覧いただけます。ご登録ください。折り返し登録完了メールが届きます。そちらに記載のURLからセミナーにログインできます。尚、コンテンツは上記期間のみの公開となります。

Threat Researcher

拡大する脅威。振り返りと予測。脅威アナリストによるキーノート

BlackBerry Ltd. 主任脅威解析リサーチャー 糟谷正樹