BlackBerry® オンラインセミナー

【緊急開催】83%の企業がランサムウェアの被害に遭遇。多発するエモテット被害。お客様は不安です。今ホットな事故対策(IR)提案のポイント

こんな質問にも対応
Q1: 手間と期間はどれくらい?
Q2: 端末当たりの費用は?
Q3:何がきっかけで検査を?
~などなど

BlackBerry Japan ㈱  セキュリティ営業部 稲田昭仁

セッションスケジュール

IRやCAサービスは実施した後が重要です。攻撃者は常に最新の手法で脆弱ポイントを突いてきます。MDRサービスで強力な盾を手に入れましょう。

BlackBerryのMDRサービスは全世界の重要機関で実績があります。

また、防御はエンドポイントだけではありません。テレワークが常態となった今、ネットワークへも目配りこそ重要です。

エンドポイント保護と連携した、ZTN(ゼロトラストネットワーク)がその役目を果たします。

是非、下記のセッションもご視聴下さい。

セッション名称 スピーカー 内容
【オープニング】 ご挨拶 IR/CAのビジネスメリット! (14:00-14:20) BlackBerry Japan ㈱  パートナー営業本部 本部長 鎌倉佳裕 担当者が経験に基づき、売れるIR/CAのメリットをパートナー様にズバリお教えします。
【モデルケース】 いままで知らなかった!事故対応(インシデントレスポンス)FAQセッション: 担当者が過去の実績に基づきズバリ答えます (30分間)(14:20-14:50) BlackBerry Japan ㈱  セキュリティ営業部 稲田昭仁・他 近年の攻撃はターゲットに足場を密かに構築し、瞬時に攻撃を開始します。これがエモテットの拡大や二重脅迫ランサムウェアの拡大の理由の一つです。 問題はその存在が表面化しづらく、かつ被害が判明した場合にどこまで何もどう対処したらよいのかわかりにくいという点です。
ビジネスを止めない、迅速な原因究明と影響範囲の特定、事故対応が肝心です。サイバーセキュリテイ サービスを利用し迅速なセキュリテイ 事故対応を行いましょう。
当セミナーでは、これらのサイバーセキュリテイサービスをお客様と行っている営業担当者が実例を踏まえ解説を行います。
【FAQセッション】 例えばこんな質問にお答えします。
Q1: どれくらいの手間と期間がかかったのか?
Q2: 予算感は?
Q3:何がきっかけで検査することになったの?
Q4:なぜ他社じゃなかったのか?
Q5: 準備と手間は? Q6: 一社で検査したのか?
~など
【MDR紹介】 Cylance Guardによる予防策24時間365日運用監視 ~1月収録アーカイブ (14:50-15:10) BlackBerry Japan㈱ セールスエンジニア本部 ディレクター 井上 高範 予防策としてエンドポイントの多段階防御(EPP+EDR)を24時間/365日運用監視するCylance GUARDに関してもご説明申しあげます。
【ホットトピック】 VPNは古くて危険!Cylance GATEWAY(ZTNA) (15:10-15:30) BlackBerry Japan ㈱  セールスエンジニア本部 プリンシパルセールスエンジニア 髙梨 義彦 VPNによるリモート勤務を突いたランサムウェア攻撃被害が多数報告されています。御社のネットワーク環境は堅牢ですか?
スピーカー
【オープニング】 ご挨拶 IR/CAのビジネスメリット! (14:00-14:20) BlackBerry Japan ㈱  パートナー営業本部 本部長 鎌倉佳裕
【モデルケース】 いままで知らなかった!事故対応(インシデントレスポンス)FAQセッション: 担当者が過去の実績に基づきズバリ答えます (30分間)(14:20-14:50) BlackBerry Japan ㈱  セキュリティ営業部 稲田昭仁・他
【MDR紹介】 Cylance Guardによる予防策24時間365日運用監視 ~1月収録アーカイブ (14:50-15:10) BlackBerry Japan㈱ セールスエンジニア本部 ディレクター 井上 高範
【ホットトピック】 VPNは古くて危険!Cylance GATEWAY(ZTNA) (15:10-15:30) BlackBerry Japan ㈱  セールスエンジニア本部 プリンシパルセールスエンジニア 髙梨 義彦
内容
【オープニング】 ご挨拶 IR/CAのビジネスメリット! (14:00-14:20) 担当者が経験に基づき、売れるIR/CAのメリットをパートナー様にズバリお教えします。
【モデルケース】 いままで知らなかった!事故対応(インシデントレスポンス)FAQセッション: 担当者が過去の実績に基づきズバリ答えます (30分間)(14:20-14:50) 近年の攻撃はターゲットに足場を密かに構築し、瞬時に攻撃を開始します。これがエモテットの拡大や二重脅迫ランサムウェアの拡大の理由の一つです。 問題はその存在が表面化しづらく、かつ被害が判明した場合にどこまで何もどう対処したらよいのかわかりにくいという点です。
ビジネスを止めない、迅速な原因究明と影響範囲の特定、事故対応が肝心です。サイバーセキュリテイ サービスを利用し迅速なセキュリテイ 事故対応を行いましょう。
当セミナーでは、これらのサイバーセキュリテイサービスをお客様と行っている営業担当者が実例を踏まえ解説を行います。
【FAQセッション】 例えばこんな質問にお答えします。
Q1: どれくらいの手間と期間がかかったのか?
Q2: 予算感は?
Q3:何がきっかけで検査することになったの?
Q4:なぜ他社じゃなかったのか?
Q5: 準備と手間は? Q6: 一社で検査したのか?
~など
【MDR紹介】 Cylance Guardによる予防策24時間365日運用監視 ~1月収録アーカイブ (14:50-15:10) 予防策としてエンドポイントの多段階防御(EPP+EDR)を24時間/365日運用監視するCylance GUARDに関してもご説明申しあげます。
【ホットトピック】 VPNは古くて危険!Cylance GATEWAY(ZTNA) (15:10-15:30) VPNによるリモート勤務を突いたランサムウェア攻撃被害が多数報告されています。御社のネットワーク環境は堅牢ですか?