Skip Navigation

Confidence in Numbers - What it Means to be ISO 26262 ASIL Compliant

概要

タイトル: 製品導入運用トレーニング

日時: 2020年05月27日 (水曜日)

時間: 15:00 (日本標準時)

所要時間: 90分鐘

今すぐ登録

[送信]をクリックすることにより、BlackBerry のプライバシー通知に従って私の個人データが使用されることに同意します。BlackBerry がお客様の個人データを外部の第三者に販売、リースまたは貸し出しすることはありません。私の依頼を実行するために、私の個人データが居住国外に転送される場合があることを理解しています。

この度は当社 ウェビナーに登録いただきありがとうございます。 弊社社員一同、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

Error submitting form. Please try again later.

内容

内容

自動運転車の研究は、研究段階からプロトタイプへ、そして実際の路上を走る車へと進化しつつあります。同時に機能安全としてのISO2626は、自動車産業の重要な話題となっています。ISO26262の初版は7年前に発行されましたが、「ISO26262に準拠」の意味するところは、いまだに意見と実情が異なる場合があります。規格の文言が、具体的安全性への検討で解釈され、どの程度忠実に、実際の製品に設計されているかは、同じASILレベルの製品でも異なる場合があります。本セミナーでは、組み込み機器における機能安全のリーダーであるBlackBerry QNXが、この点を解説します。

  • 準拠、承認、承認可能といった言葉がどう使い分けられているか?
  • 製品がISO26262要求に答えられるかを、どのようにして判断するか?
  • 準拠しないことのリスクや、開発費や認証コストを低減することによって発生するリスクをどのようにして低減するか?

このウェビナーの説明は日本語で行われています。加えて、ウェビナーの最後で行われる質疑応答も日本語で行われれます。

講演者

藤井義也
フィールドアプリケーションエンジニアBlackBerry QNX

稲見和典
フィールドアプリケーションエンジニア
BlackBerry QNX